住宅ローンを安くするために

top

住宅ローンの負担は最小限に

住宅ローンって払えば払うほど負担が大きくなってくるものですよね。 好景気の時にはそれほど負担を感じることはなくても、不景気になると、すごく大きな負債を抱えているということを、改めて実感するのではないでしょうか。

住宅ローンは35年返済という人も多く、35年間の人生には、色々な紆余曲折が待っていることも考えられますよね。 社会全体の景気にも左右されるため、35年という長い年月の間、最初の計画通りに住宅ローンを返済していくっていうのは、大変なことなのかもしれません。 最初の支払いは軽くして、後で支払いが上がっていくという住宅ローンの場合は特に、後々思うように給料が上がらなければ、より負担が増してしまいますよね。

住宅ローン安くする方法・・と思っているなら、身の丈に合う物件選びをすることが重要なのかも。 家って一生に一度、購入できるかどうか・・っていうくらい、庶民にとっては大きな買物だし、家を購入しようと決意した時は、少し背伸びしてでも満足できる物件が欲しいって思っちゃいそうですよね。

でも、背伸びして購入すると、審査に引っかからなかったとしても、支払いがかなり負担になってしまいます。 大きな住宅ローン家を売ることになっちゃうかもしれませんね。

せっかく購入した家を手放すというのは、すごくツライことだから、住宅ローンって最初に無理をしないことが大事なんでしょう。 住宅ローン安くする方法は、まず低金利のところを選ぶことが重要です。 それに金利タイプもよく考えて選ばないとね。 住宅ローンをすこしでも安くしようと思って、低金利の変動金利にすると、後々金利上昇した時に、かなりの痛手を受けてしまうかもしれません。

住宅ローン安くする方法で選んだ金利でも、後々のリスクを考えると、やはり不安要素が濃くなってしまいます。 負担は少し大きくても、固定金利を選んだ方が、金利が上昇しても精神的にラクだし、最後まできっちりと計画的に返済ができそうですよね。

先のことは誰にも分からないけど、住宅ローンを組む時には最悪の事態などもちゃんと想定してから住宅ローン選びをした方が、後々安心です。 金利だけじゃなく、保証料とか繰上返済手数料など、トータル的なコストもよく考慮して、できるだけ負担が少ないように、賢い住宅ローン選びをしないとね。

 

ミックスローン関連サイト

◇ ミックスローン金利比較
ミックスローンとは、固定タイプと変動タイプを組み合わせる特殊な住宅ローンです。このサイトではどのようにして借りると一番お得かなども研究しています。
サイトの中の気になったところを抜粋してみました。

『住宅ローンには、大きく分けて変動型と固定型の2種類のタイプがあります。
一般に変動型のほうが固定型より安い金利で提供されますので、現在のような超低金利の時代では、変動タイプのほうが有利です。
一方、変動型は景気が回復して金利が上昇すると、ローンの支払い額が大きくなるというリスクがあります。また総支払い額も確定しないため将来における返済額もわからず返済計画が立てにくいというデメリットもあります。
固定型の場合には、現在のような状況では比較的金利が高くなりますが、借り入れ期間全体にわたって利率が変わらず、借り入れをした時点で総返済額も確定し計画が立てやすいというメリットがあります。』


www.jyutakukinrimixloan.com/

Copyright (C) 住宅ローンを安くする方法がある?! All Rights Reserved